YKpages

ロボット関連で勉強したことのまとめ

Unity と GitHub プロジェクトの管理

はじめに

UnityのプロジェクトをGitHubで管理する方法を簡単にまとめます。

あと、GitHubに公開されているUnityプロジェクトをダウンロードして自分の環境で開く方法も書いておきます。

環境

  • Windows または Mac
  • Unityのバージョンは任意
  • Gitも任意

前提条件

以下のことがすでに済んでいることを前提にしています。

  • Unityのインストール
  • GitHubアカウントの作成
  • Gitの基本的な操作の習得

GitHubでリモートリポジトリを作成

ブラウザでGitHubへアクセス。

新規のリポジトリを作成します。

github.com

作成したリポジトリをローカルへclone

作成したリポジトリをローカル環境へcloneします。

GUIで行う場合は、GitHub Desktopを利用します。

Windowsの場合はGitHub Desktopを利用する方が楽です。

Macの場合はターミナルからコマンドラインを用いてGit管理ができます。

しかし、コマンドに慣れていないという場合はGitHub Desktopを利用した方が楽です。

desktop.github.com

Unityプロジェクトを作成

Githubで管理したいプロジェクトを作成します。

この時、プロジェクトの保存場所をさっきcloneしたディレクトリの中にします。

また、すでにあるUnityプロジェクトをGithubで管理する場合は、 そのプロジェクトの保存場所をcloneしたディレクトリの中になるように変更します。

.gitignoreの設定

何も設定せずにUnityプロジェクトをcommitすると面倒なことになるので設定が必要です。

以下を参照。ありがたい。

qiita.com

qiita.com

GitHubへpush

GitHub Desktop、またはコマンドを利用してcommit、GitHubへpushします。

以上までがとりあえずのGitHubでの管理方法です。

あとは、適宜pullしたり、branchを切り替えたりします。

GitHubからダウンロードしたUnityプロジェクト

GitHubからzipファイルでダウンロードしたり、 cloneしたりで手に入れたUnityプロジェクトを開きます。

Unityのメニュー画面で(プロジェクトを選択する画面)、 openボタンを押すと、ディレクトリを選択できます。

そこで開きたいUnityプロジェクトを選択します。

以上です。