YKpages

ロボット関連で勉強したことのまとめ

Unity と GitHub プロジェクトの管理

はじめに

UnityのプロジェクトをGitHubで管理する方法を簡単にまとめます。

あと、GitHubに公開されているUnityプロジェクトをダウンロードして自分の環境で開く方法も書いておきます。

環境

  • Windows10 (Macはターミナルを利用)
  • Unityのバージョンは任意

前提条件

以下のことがすでに済んでいることを前提にしています。

  • Unityのインストール
  • GitHubアカウントの作成
  • Gitの基本的な操作の習得

GitHub Desktop をインストール

Windowsでは GitHub Desktop を利用すると簡単です

desktop.github.com

GitHub Desktop から push

GitHub Desktop の File > Add local Reposity から GitHub にあげたい Unity プロジェクトを選択

  • リポジトリの名前を入力
  • README作成にチェック
  • gitignore は 「Unity」を選択
  • Lisenceを選択

.gitignoreについて

以下を参照。ありがたい。

qiita.com

qiita.com

GitHubへpush

GitHub Desktop、またはコマンドを利用してcommit、GitHubへpushします。

以上までがとりあえずのGitHubでの管理方法です。

あとは、適宜pullしたり、branchを切り替えたりします。

GitHubからダウンロードしたUnityプロジェクト

GitHubからzipファイルでダウンロードしたり、 cloneしたりで手に入れたUnityプロジェクトを開きます。

Unityのメニュー画面で(プロジェクトを選択する画面)、 openボタンを押すと、ディレクトリを選択できます。

そこで開きたいUnityプロジェクトを選択します。

以上です。